何事にもとらわれず、何者にもまつろわず、単独者の視点から社会に発信する出版社 にんげん出版

[モナド新書012]ネット右翼vs.反差別カウンター 愛国とは日本の負の歴史を背負うことだ!
/山口祐二郎 著

モナド新書『ネット右翼vs.反差別カウンター 愛国とは日本の負の歴史を背負うことだ!』/山口祐二郎 著
[モナド新書012]ネット右翼vs.反差別カウンター 愛国とは日本の負の歴史を背負うことだ!/山口祐二郎 著

定価 980円(税別)
ISBN978-4-931344-49-5
新書判/296頁

購入はこちら

関連トピックはこちら
内容紹介

最新刊、発売!!

差別なんてものを許していたら、社会がぶっ壊れていくだろ、そんなことがあってたまるか!!

ネトウヨの差別的蛮行を身体を張って止めてやる!

差別なんてものを許していたら、社会がぶっ壊れていくだろ、そんなことがあってたまるか!!

オタクが、アウトローが、民族派が、ヘイトスピーチをまき散らすネット右翼の跳梁跋扈を止める!!

 

「レイシストをしばき隊」「男組(おとこぐみ)」「C.R.A.C(クラック)」…反差別カウンターの思想と行動のドキュメント!

 

★『ネットと愛国』著者・安田浩一氏との対談も収録

 

【参議院議員・有田芳生議員のツイッターレビュー】

「ヘイトスピーチに反対する<レイシストをしばき隊><男組>誕生前夜の歴史は興味深々。右翼はなぜ差別に反対するのかを描いた傑作だ。巻末の安田浩一、小林健治との対談は<眼から鱗がおちる>。心労を抱えつつ45歳で急逝した男組組長・高橋直輝への鎮魂歌でもある。」

著者略歴 山口祐二郎・著者写真

山口 祐二郎(やまぐち ゆうじろう)

1985年生れ。ネット右翼の差別・排外デモに身体を張って抗議をつづける。  新右翼・統一戦線義勇軍を経て、左右両翼を超える「憂国我道会(ゆうこくがどうかい)」を起 ち上げ、反差別、戦争の負の反省、対米従属からの脱却を訴える。フリーライターとしても活動

関連トピックス