何事にもとらわれず、何者にもまつろわず、単独者の視点から社会に発信する出版社 にんげん出版

[モナド新書010]官僚階級論  霞が関(リヴァイアサン)といかに闘うか/佐藤 優著

[モナド新書010]官僚階級論 霞が関(リヴァイアサン)といかに闘うか/佐藤 優著
[モナド新書010]官僚階級論 霞が関(リヴァイアサン)といかに闘うか/佐藤 優著

定価 920円(税別)
ISBN978-4-931344-41-9 C0230
新書判/310頁

購入はこちら

関連トピックはこちら
内容紹介

2015年10月28日発売!

官僚は、国家を支配するのは、自分たち偏差値エリートであるべきと信じている。

かれらは、みずからの利害のためには、国民の生命や安全も切り捨て、暴走する。

民主主義制度の裏側で、国家を思うがままに操る官僚階級の本質を衝く!!

リヴァイアサンは旧約聖書『ヨブ記』に出てくる巨大な怪獣の名で,教会権力から解き放たれた国家のこと。

国家=官僚階級の、生成の歴史と内在論理を、いま初めて、解き明かす。

構想7年、待望の書き下ろし!!

著者略歴

佐藤優(さとう まさる)

1960年 埼玉県生まれ

1985年、同志社大学大学院神学研究科修了の後、外務省入省
1995年まで在英国日本国大使館、在ソビエト連邦(現ロシア連邦)日本国大使館に勤務
1995年より外務本省国際情報局分析第一課に勤務

関連トピックス