何事にもとらわれず、何者にもまつろわず、単独者の視点から社会に発信する出版社 にんげん出版

癒す力 がんの患者学入門

癒す力 がんの患者学入門
癒す力 がんの患者学入門

価格 1680円
(税込/ 本体 1600円))
ISBN 978-4-931344-23-5
四六判/216頁

購入はこちら

関連トピックはこちら
内容紹介
ある日突然がん≠ニ告知されたら そのとき、あなたは、家族は?
腎臓がんはすでに全身に転移、「余命わずか」と告げられながら4年を過ぎて元気一杯に生きる大学教授。
いったい何が、癒す力をもたらしたのか――。
「がんは百人百様、対処法も一人ひとり違っていい。自分に合った療法を徹底的に進めることだ!」
自らのがん体験を通して、患者主体の医療をもとめ、「がん=死病」の構図を崩す。 苦闘するがん患者、家族に贈る希望の書。
著者略歴

吉田勝次(よしだ かつつぐ)

1943年 生まれ

大阪大学文学部国史学科、ロシア科学アカデミー東洋学研究所大学院卒
元兵庫県立大学環境人間学部教授
国際社会開発論・国際政治専攻

主著に『現代日本の貧富の差』にんげん社、『台湾民主進歩党』社会評論社、『海図なき航海』田畑書店、 『アジアの開発独裁と民主主義』日本評論社、『太極拳を始めませんか』(監修)春秋社他

関連トピックス

掲載

  • 書評が『SAPIO』(2009年1月5日号)に掲載されました。