何事にもとらわれず、何者にもまつろわず、単独者の視点から社会に発信する出版社 にんげん出版

化けるサラリーマン 辞めたヤツに訊け!!!

化けるサラリーマン 辞めたヤツに訊け!!!
化けるサラリーマン 辞めたヤツに訊け!!!

価格 1575円
(税込/ 本体 1500円)
ISBN 978-4-931344-08-2
四六判/252頁

購入はこちら

関連トピックはこちら
内容紹介
いまや磐石な組織などどこにもないことが明らかな時代。
サラリーマンを経験し、かつ人生の転機を経験した人たちの生き方を聞く。
解雇、希望退職、転職、起業・・・。
進退に迷ったとき、人は先人の経験に学ぶ。
著者略歴

溝口敦(みぞぐち あつし)

1942年 東京都生まれ
早稲田大学政経学部卒業

暴力団などの組織犯罪から宗教、食品の安全問題、科学まで幅広い知識と丹念な取材で数多くのレポートを発表
『食肉の帝王―巨富をつかんだ男 浅田満』(講談社)で2003年講談社ノンフィクション賞受賞

その他のおもな著書に、『血と抗争 山口組三代目』『山口組四代目 荒ぶる獅子』『カネと暴力と五代目山口組』 『司忍組長と高山清司若頭の六代目山口組』『あぶない食品』『チャイナマフィア』『仕事師たちの平成裏起業』など

関連トピックス

掲載

  • 書評が雑誌『現代』(2005年10月号)に掲載されました
  • 『SAPIO』に著者である溝口敦さんのインタビューが掲載されました (2005年9月28日号/書闘倶楽部「著者と語る肖像」)
  • 書評が『週刊現代』(2005年9月3日号)に掲載されました
  • 書評が『週刊ポスト』(2005年9月2日号)に掲載されました
  • 書評が『東京新聞』(2005年9月1日夕刊)に掲載されました
  • 書評が『朝日新聞』(2005年8月28日朝刊)読書欄に掲載されました